訪問診療同行看護師の役割

 

皆さま、こんにちは。

今月のスタッフブログはまごころクリニックの同行看護師が担当します。

 

私たち同行看護師のスタッフ全員、以前は病院で仕事をしており、病院の医療しか知りませんでした。その中で、退院し自宅に戻った患者さんがどのように過ごしているのかを知りたいという気持ちが強く、訪問診療に携わることになりました。

今回は簡単ではありますが、同行看護師の仕事・役割についてお話しさせていただきます。

 

まずは『訪問診療の同行業務』と『その他の業務』に分けられます。

訪問診療では医師に同行し、患者さんのバイタルの測定や採血、尿カテーテルや胃瘻の交換などの診療の補助や処置などを行います。また、ご家族からの相談に応じ、看護師の視点で療養上のアドバイスをします。さらに自宅療養を継続していく上で欠かせないのが、訪問看護師やケアマネージャー、ヘルパーなどの他事業所のスタッフさんとの連携です。ご自宅に置いてある連絡ノートや電話で情報共有を図るなど、事業所を越えて患者さんを支えているスタッフとのコミュニケーションがとても大切になってきます。

 

医師は医学的な視点で患者さんを診察していきますが、同行看護師は訪問時以外の情報を入手し診療に役立てられるよう、患者さんの生活により近い視点で周囲と連携しながら療養環境を整備していきます。

当院では「居宅療養管理指導書」を用い、健康管理のアドバイスや日常生活上の留意点などを書面でご家族へお渡しし、月末には担当ケアマネや施設責任者へも郵送をしています。

 

『その他の業務』では、訪問診療スケジュールの確認や調整、物品の手配、患者さんやご家族との電話対応等があります。当院ではケースワーカーの代わりに、同行看護師が新規患者さんの受け入れ調整やIC(訪問診療導入前のご家族への説明)を行い、必要に応じて退院調整会議へも参加いたします。病院から退院し自宅へ戻る際に安心して療養できるよう各種サービスの調整をすることも重要な業務の一つです。

また、余談ではありますが、私たち同行看護師は運転に関しても常に注意を払っています。訪問診療のドライバーの役目も兼ねており、毎日お約束した時間にご自宅に着けるよう日々裏道を探ったりスタッフ同士で情報交換を行ったりし、道路情報にとても詳しくなりました。

 

同行看護師という職種は、まだ認知度も低く経験者も少ないと思います。私たちも初めの頃は、医師と一緒にご自宅を訪問して自分が何をすればよいか分からず、どう対応すれば良いかもわかりませんでした。医師や患者さんを共に支えるスタッフ、他事業所の方々から少しずつ学ばせていただいて今に至っています。

当院には医師だけでなく訪問看護師や訪問リハビリ等、在宅の知識・経験の豊富なスタッフがいます。そういったスタッフがいることで安心して業務に従事することができています。

 

今後も患者さんがご自宅で安心して療養生活が送れるよう、より広い視野で在宅療養をサポートできるよう日々研鑽してまいりたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

 

四街道まごころクリニック

同行看護師 鈴木

コメント: 2
  • #2

    (医)まごころ 事務長 (月曜日, 29 4月 2019 18:25)

    加藤さま
    コメントありがとうございます。
    求職についての個別のご相談については、この場はすべて公開されてしまうためあまり適切ではないと思いますので、もしよろしければ、直接メール等でお問い合わせいただけますと幸いです。

    一般論で申し上げますと、「方向音痴」という定義にもよると思いますが、道に慣れるための方法については工夫次第でいくらでもあるのかな、と思います。例えば、当方では訪問車にはカーナビが全車搭載されていますし、貸与スマホでもGoogleマップを活用していますので、こういった機器を使用し、苦手を克服するということもできるのではないでしょうか。

    医療法人社団まごころ
    事務長 大西 肇

  • #1

    加藤 (日曜日, 28 4月 2019 21:02)

    訪問看護に興味があるのですが、かなりの方向音痴なのですがそれでも勤まりますか?
    それがネックでなかなか踏み出せないのですが