新入職員からひと言


こんにちは!

今年も4月になり、新年度を迎えました。

春の陽気にもなり、外でも過ごしやすく気持ちのいい季節がやってきましたね。

満開に咲いた桜も、あっという間に散ってしまいましたが、毎年綺麗に咲く桜を見るとなんだかほっこりします。

 

今月のブログは事務部門の金井が担当させていただきます。

 

私は、今年の2月にまごころクリニックへ入職いたしました。

前職は介護施設で介護士として約9年間勤めておりました。ご入居者様の日常生活の支援をさせていただく中で、昔の生活のお話を聞いたり、季節に合わせたイベントを開催したり、時には一緒にお出かけをしたりと、仕事の一環ではありますが楽しく働かせていただいておりました。

そんな毎日を過ごしていく中で、ご入居者様との間に信頼関係もでき、本当の家族のように接してくれるご入居者様との時間がとても大切であり、かけがえのない時間でもありました。

また、外出できる時間も限られているため、時々企画するドライブや外食の時間を楽しみにされるご入居者様も多く、こぼれそうな笑顔を見れた際には自分自身も嬉しい気持ちになり、更にやりがいを感じる時間でもありました。

約9年の中で様々なことを学ばせていただき、生活していく上で、大切なことや、そしてなによりも家族・仲間の大切さなど仕事を通して、そしてご入居者様と関わっていく中で学ばせていただきました。

業務を行う中で、ご入居者様に常に寄り添い、施設ではありますが、ご入居者の方が「ご自分のおうち」だと思えることを常に心がけながら約9年間支援に努めてまいりました。

 

医療事務の職業は初めての経験であり、わからないことも多く日々悪戦苦闘していますが、患者様に寄り添うことにおいては前職での経験も繋がってくることがあるかと思います。

そして、前職の経験から得たことを、少しずつ職務の中で活かしていけたらと思っております。

 

今はコロナ禍でもあるためご利用者様に直接お会いすることは難しいと思いますが、事務スタッフとして皆さまとの関わり方などを考えながら、私なりに皆さまの支えになれればと思っております。

至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

事務 金井