新型コロナウイルス感染症関連


四街道まごころクリニックおよびまごころ訪問看護ステーションでは、新型コロナウイルス感染症に対し、以下のような対策を講じ、感染の拡大を防止するよう努めます。

また、対応については随時、本ホームページあるいはチラシ配布によりご案内させていただきます。

今後、さらなる状況の変化に伴い、変更を余儀なくされる場合もございますので、その際にはまたあらためてご案内させていただきますことをご了承ください。


建物内を1階・2階フロアで仕事をする場所を分けています。

新型コロナウイルス感染症予防・感染拡大防止の一環として、建物内を1階フロア所属・2階フロア所属スタッフで分け、立ち入るエリアを限定し、万が一、スタッフ内で感染者が出た場合、あるいは訪問した利用者さまの中で感染者が出た場合に、濃厚接触者となるスタッフを極力減らすような工夫を行なっています。(R2.8.4より実施。)


2階フロア

これまで、1階フロアは使用せず、2階フロアで全員が仕事をしていました。

一部スタッフが1階フロアで仕事をすることとなったため、2階スタッフは2/3程度となり、ソーシャルディスタンスを保って仕事ができるようになりました。


1階フロア

1階フロアにスタッフが手作りでパーテーションを設置してくれました。

おかげで約1/3が1階スタッフとして1階フロアで仕事ができるようになりました。

ただし、2階フロアでしかできない仕事、1階スタッフ・2階スタッフで相談しなければいけないこともあるため、行き来はしています。

その場合でも、濃厚接触者の定義でもある1~2m以内での接触が15分以上とならないよう、必要最低限の接触となるよう徹底しています。


玄関

1階フロアスタッフは建物正面向かって左、2階フロアスタッフは建物正面向かって右の入口を使用することで、玄関での接触の軽減しています。(左:1階スタッフ下駄箱 右:2階スタッフ下駄箱)


1階と2階を結ぶ階段

玄関と同様、1階フロアスタッフは建物正面向かって左、2階フロアスタッフは建物正面向かって右の階段を使用し、階段での1階スタッフと2階スタッフの接触を避けています。


医師も1階と2階で常駐する場所を分けています

クリニックの屋台骨でもある訪問診療を行なっている医師についても、万が一でも院内で感染者や濃厚接触者が出た際に全滅とならぬよう、1階に院長、2階に副院長と非常勤医師に分かれて常駐することになりました。(写真:1階の診察室を院長室としています。)


スタッフ休憩室

休憩室は最大3名の利用とし、窓に向かって背中合わせとしています。

昼食時、マスクOFFで食べる際は会話をしないこと、周囲は話しかけないこと、を徹底しています。

食事が終わり、マスク着用の上での会話はこれまでどおり可能としています。


共用エリア

洗濯されたユニフォーム、タイムカードの打刻や訪問車の鍵、PPE(個人防護具;マスクや手指消毒液等)など、共用せざるを得ないものに関しては「共用エリア」に置き、スタッフが滞留しないようパーテーションで仕切って運用しています。



訪問先で寄せられた新型コロナウイルス感染症に関するご質問と回答

ダウンロード
訪問先で寄せられた新型コロナウイルス感染症に関するご質問と回答(R2.8)ホーム
PDFファイル 933.8 KB

緊急事態宣言後のご案内

訪問リハビリの対応について(4月13日時点)

ダウンロード
四街道まごころクリニックの訪問リハビリの対応について(緊急事態宣言後)HP掲載用
PDFファイル 746.5 KB
ダウンロード
まごころ訪問看護ステーションの訪問リハビリの対応について(緊急事態宣言後)HP掲
PDFファイル 740.8 KB

四街道まごころクリニックの訪問診療の対応について(4月8日時点)

ダウンロード
四街道まごころクリニックの訪問診療の対応について(緊急事態宣言後)HP掲載用.p
PDFファイル 642.8 KB

4月1日時点の対応

ダウンロード
【続】新型コロナウイルスについてのご案内(患者さま・利用者さま向け)HP掲載用.
PDFファイル 5.0 MB

2月24日時点の対応

ダウンロード
新型コロナウイルスについてのご案内(患者さま・利用者さま向け)HP掲載用.pdf
PDFファイル 1.0 MB